『プリンセスチュチュ』TVアニメ(2002)の名言・セリフ

Princess Tutu

フィルター

プリンセスチュチュ(TVアニメ、2002)

第1話

+ 1
0
ナレーター昔々、一人の男が死にました。男の仕事は、お話を作って語る事でしたが、死には逆らえません。男の最後のお話は、美しく勇敢な王子が、悪賢い大鴉を退治するお話しでした。けれども、もう永遠に戦いの決着は付きません。「こんなのは嫌だ!」大鴉は叫びました。「こんなのは嫌だ!」勇敢な王子も叫びました。大鴉はお話しの中から逃げ出して、王子もそれを追いかけました。そして王子は、自分の心臓を取り出し、禁断の力を使って、大鴉を封じたのでした。その時「これはいい…」死んだはずの男が、どこからかつぶやきました。
+ 1
1
あひる綺麗な瞳、吸い込まれそう…。でも…寂しそう。
+ 1
0
猫先生はいはい、しずかに、しずかにしませんと、私と結婚してもらいます。
女子生徒たちへ。
+ 1
0
あひる:綺麗だな。
りりえ:あひるとは大だい違い。
ぴけ:あ、落ち込んだ。
りりえ:いや!やっぱり落ち込んだ!可愛い!

第2話

+ 1
0
ナレーター昔々、一人の男が死にました。男が語っていたお話は、美しく勇敢な王子が、悪賢い大鴉を退治するお話。男が死ぬと、大鴉と王子は、お話から飛び出しました。王子は大鴉を封じるため、自分の心臓を取り出しましたが、それは、王子だけにあたえられた禁断の力。見事、大鴉は封じられましたが…王子の心臓は欠片となって飛び散って、町のあちらこちらに散らばってしまいました。それからというものその町は…お話と本当が混ざり合い、不思議が不思議でない世界になってしまったのでした。
+ 1
0
あひる女の子の姿になって、みゅうと先輩の傍に居られたら…。そしたらいつか…いつか笑顔を取り戻してあげられるかもしれないし…。
+ 1
1
エデル運命を受け入れる者に幸いあれ。運命に逆らう者に栄光あれ。
+ 1
0
ドロッセルマイヤー忘れてはいけないよ、あひるがアヒルである事を。

第3話

+ 1
0
ナレーター昔々、一人の男が死にました。お話は途切れて、王子は心臓と一緒に、人々に向ける優しい気持ちも、勇敢に戦った思い出も失くしてしまいました。そして、町中に散らばった、王子の心臓のかけらは、行き場を求めて、隙間の空いた心に住み着きました。欠片に取り付かれた人々の中には、自分自身の物語を狂わせてしまう者もありました。
+ 1
0
あひるさぼりじゃないもん気分転換だもん、そのぐらいは良いんだもん!
+ 1
1
エデル真実は恥ずかしがりや。近付けば隠れてしまう。真実は寂しがりや。遠ざければ追ってくる。
+ 1
0
るう美貌と賢さと強さは授けられたけど、ただ一つ、王子様とは結ばれない運命を背負ったお姫様。告白したとたん、光の粒になって消えちゃうのよ。
+ 1
0
ドロッセルマイヤーお話はいつも、めでたしめでたしとは限らない。

第4話

+ 1
0
ナレーター昔々、決して叶わぬ、悲しい恋がありました。でも、それだけで物語は生まれません。恋の物語を紡ぐべき男は、もう世界には、いなくなってしまいました。恋はいつまでも悲しいままで、物語は生きています。紡ぎ手のいなくなった物語は、その結末を求めて、彷徨っています。
+ 1
0
あひるプリンセスチュチュになればどんな踊りだって踊れるけど、でもそれってあたし?別な誰か?
+ 1
0
あひる踊りって、練習すればする程、楽しくなってくるんだもん!
+ 1
0
あひるこんなにいっぱいお話しして、一緒に歩いたんだから、もう友達だもん。
るうへ。

第5話

+ 1
0
ナレーター昔々、あるところに、幸せな王子がおりました。辛い過去も知らない。辛い未来も知らない。幸せな王子。ある時、王子は、暖かいぬくもりを手に入れました。けれども、ぬくもりが照らし出したのは、安らぎだけではなく…不幸も、辛さも、寂しさもでした。
+ 1
0
みゅうと一人でいると、暗くて…寒くて…。
+ 1
0
エデル炎は闇を照らすもの。けれども闇がなければ輝くことすらできない。
+ 1
0
エデル闇が怖いの?あなたは迷いの闇の中にいるのね。でも、誰かの為に輝きたいのなら、闇を恐れてはいけないわ。

第6話

+ 1
0
ナレーター魔女の呪いで、永遠の眠りに落ちたお姫様を目覚めさせようと、一人の若者が現れました。ところが、誰かが囁きます。「姫を眠りから覚ますなど、何て残酷な事をするのだろう。」姫が望んでいるのは、目覚めの口づけではなく、このまま永遠に、眠り続ける事なんでしょうか?
+ 1
1
あひる:みゅうとはね、好きっていう気持ちもわからないんだって。るうちゃんはみゅうとの事が好きなのに…。可哀想でしょう?
エデル:可哀想?
あひる:ね、そう思うでしょう?
エデル:可哀想なのはみゅうと?るう?それとも、あひる?
+ 1
0
エデル夢を見続ける人と夢から覚めた人はどちらが幸せ?
+ 1
0
パウラモニ夢はいつか覚めるものよ。いいえ、覚めなくちゃいけない。
+ 1
0
パウロそりゃ、叶わない夢だってあるさ。でも、夢は一つでなきゃならないって決まりはないだろ?
+ 1
0
パウロ僕の夢はね、世界中の人々を君の踊りのとりこにする事!そのために、君にぴったりの演目も考えてあるんだ。ねえ、パウラモニ、どうかな、僕のこの夢に乗っかってみない?
+ 1
0
るう:ねえ、みゅうと。パ・ド・ドゥのお相手、してあげたら?
あひる:えっ、みゅうとと?
ふぁきあ:いや、みゅうとはだめだ。俺が行く。
あひる:な、なんであんたが出てくんの!?

第7話

+ 1
0
ナレーター昔々、一人の子供がおりました。子供にとって世の中は、不思議なことばかり。どうして?なぜ?どうやって?一つの謎が解ければ、二つの謎が生まれます。二つの謎が解ければ、四つの謎が生まれます。四つの謎が解ければ、数え切れない謎が。いつしか子供は、謎に飲み込まれてしまいました。
+ 1
0
るう私はずっと、みゅうとだけを見つめてきたの。心があろうとなかろうと、みゅうとを愛していることに変わりはないわ。
+ 1
0
みゅうと苦しくても…チュチュの事を想っている時は、胸の中に小さな灯りが生まれてくるのが分かるんだ。チュチュがいなくなると、それが消えて…無くなってしまうような気がする。それが、こわいんだ。

第8話

+ 1
0
ナレーター昔、一人の戦士がおりました。戦士は親友を守るために、その親友の命を奪ってしまいました。昔、一本の剣がありました。平和のために戦い続けたその剣は、平和を守るためには、自分を使うものを殺すしかないと気付き、主人の命を奪ってしまいました。そうするしかなかった戦士と剣は、本当にそうすべきだったのか、今だにわからないまま、彷徨っているのです。
+ 1
0
みゅうと僕…チュチュに会いたいんだ。チュチュのことを考えると、会いたいという思いでいっぱいになる。いつも、チュチュと一緒にいたい。
+ 1
0
あひるごめんなさい。私は苦しみから助けてあげることはできないの。私には、心を取り戻すことしか…できないから。
+ 1
0
あひる私はあひる。本当はただの鳥。でも王子様の瞳に写っているのは、きれいなドレスをまとったプリンセスチュチュ!私じゃない…。

第9話

+ 1
0
ナレーター昔々、大層、踊りの好きな女の子がおりました。女の子は、一度履いたら、永遠に踊り続けなくてはならないという、赤い靴を履いてしまいました。女の子は、夜も昼もずっと踊り続けて…。おっと!これは違うお話でした。でも、全く違うわけではないのかもしれません。
+ 1
0
あひる一晩眠っても変わらない事だってある。
+ 1
0
りりえ失敗してこそのあひるなんだから気にしないで。
あひるへ。
+ 1
0
ふぁきあみゅうとは変わっていく、俺の知らないみゅうとに。
+ 1
1
まれん:あなた、バレエ科の。
あひる:えーと…あたし絵描くのヘタッピなんですよ。
まれん:それはバレエ科だから。
あひる:バレエもヘタッピなんですけどね。

65 件のセリフ