セリフ一覧(最新)

フィルター
シド・カゲノー僕は自分にとって大切なものと、そうでないものを明確に分けてるので。皆生きるにつれて、大切なものを増やしていきます。友達ができて、恋人ができて、仕事ができて。でも僕はそいでいった。そして、その先に…どうしても捨てられないものが残った。だからそれ以外どうなっても、割とどうでもいいんです。
シャドウ真の強さとは力ではなく、その在り方だ。
シャドウ主人公でもなく、ラスボスでもなく、物語に陰ながら介入し、実力を見せつけていく存在。陰の実力者に!
ルパン:ひとまず、城外に脱出だ。頼むぜ、次元、五ヱ門。
次元:任しとけ。ここで食い止めるわ。
クラリス:皆さん。どうかお気をつけて。次元様も…必ず無事に戻ってくださいね。ご恩は一生忘れません。
次元:“次元様”だと。
五ヱ門: 可憐だ…。
次元:おっぱじめようぜ!
ルパン三世その女の子は、悪い魔法使いの力を信じるのに、ドロボーの力を信じようとはしなかった。その子が信じてくれたなら、ドロボーは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだって、できるのに。
パン:何?また巨大なサル!?
サタン:一体、どうなっとるんだ…。ここはサルの惑星か?
小日向あゆみ自分を認めてくれる人が―、たった一人いるだけで、世界は大きく変わる。
:普通友達が泊まりに来る時って、見栄張って片付けない?
千絵:人に見栄張ったりしないのが、私の長所なんだから!
八重樫太一誰でも自分一人で考えてると、必要以上に重く捉えてしまうところがあると思うんだ。
青木義文直したいと思っても直せないことって、結構あるっしょ?
孔雀生あるものはすべて運命に縛られている、誰もそこから逃れることはできない。
乾闥婆王私は強い人か好き!血がつながっていようが、星宿で結ばれた、仲間だろうが、弱い人は嫌い!
リョウ:ぼっちの好きなように書いてよ。
ひとり:けど、そうすると、根暗でどんよりな歌詞が…。
リョウ:でもそれ、リア充っ子に歌わせたら面白くない?
山田リョウ個性捨てたら、死んでるのと一緒だよ。
山田リョウ有識者が言っていた、オープニングでジャンプするアニメは神アニメと。
後藤ひとり友達と写真なんて、一度も撮ったことない。だって、友達いなかったから。
後藤ひとり少しずつでも変わる努力をして、一緒に楽しくしたい。
後藤ひとりバンド組んだら、私みたいな人間でも、もしかしたら輝ける?
ルカ・エスポジト自分じゃどうにもできない問題は、悩んでる時間がもったいないって、思うようになったんす。それよりは、どうやったら楽しくなるかを考えたほうがいい。
ウルガー・ツヴァイク動いてねえと絶望に襲われるから、目の前の作業をやってるだけだ。
アリエス・スプリング大人はウソをついてるかもしれませんけど、人の感情まではごまかせませんよ。
カナタ・ホシジマ暗闇なら…手をつなぐしかねえ。
カナタ・ホシジマサバイバルの心得その5!諦めたらそこで試合終了!
カナタ・ホシジマクッソ嫌いなんだよ、絶望とかいう言葉。
ウルガー・ツヴァイク同じ型の船が同じように動かねえとはな。棺おけが仲良く並んでるようなもんだ。
フィン・ツヴァイク青春時代ははかないぜ、ウルガー。輝いてる十代も、暗い十代も、二十歳になりゃ等しく終わる。そこからは全部、自分次第だ。自分がどう生きたいか考えろ。考えないやつは、置いてかれるぜ。
カナタ・ホシジマ自分を出すことは、恥ずかしいことじゃない。
カナタ・ホシジマ分かんねえことをいくら考えたって、分かんねえんだ。
セレナ・リネン世の中って不公平よね、ホー。私たちが奪われるときは知らんぷりして、奪おうとした途端、邪魔してきて。でも考えてみたら私…あんなふうに戦ったことなんかなかった。言い訳並べてばっかり。命懸けで立ち向かったことなんか一度もない。いつも奪われてから後悔すんの。結果がどうあれ、一度でも立ち向かってたらどうなってたのかな?勝ち目のない人生だったかもしれないけど…。立ち向かってたら、今みたいに心がポカンとすることもなかったのかな。けど、逃げた先にも道は続いてくのよ。命あってこそじゃない…。いい男が台なしよ。
嫌われても、憎まれても…僕がラヘルを守る!
クン・アゲロ・アグネス俺のような目には遭わせたくない。そのためなら…何度でも、俺はウソを重ねる。
クン・アゲロ・アグネス確かに姫だの、ルールだの、気に入らねえ。
クンの母親耳を閉ざし、心に蓋をし、最善の道を見極めるのです。
クン・アゲロ・アグネスそれ以上に大切なのは、上のルールに支配されない。ルールを科すのは自分であること。
赤城圭一全てを記録する…。それはどういうことか。単なる出来事の記録係なのか。この時、白州はわかっていたはずだ。そうではない。一人一人の、人間としての生身の姿を、見つめるのだ。
ツォン過去にセンチメンタルになるのは年寄りだけでいい。あんたはどんどん撮れ!見えている今をどんどん撮れ!
赤城圭一どんな大事件も、大衆の興味を刺激できなくなった瞬間、過去になってしまう。
赤城圭一幾重にも重なる深い闇。白州の前に、新たなる迷宮が、深々と口を開けていた。よどむ謎の向こうで、音もなくフラッグがひるがえる。
赤城圭一ジャーナリストは獲物を狙うハンターのようなものだ。カメラというライフルで被写体に照準を合わせ、引き金を引く。数ある瞬間の中から一瞬を撃ち落とし、スクープとして売るのだ。

631 件のセリフ