『プリンセスチュチュ』TVアニメ・セリフ#3763

#3763
+ 1
漢字 ふりがな ローマ字
ナレーター昔々、一人の男が死にました。男が紡いだお話は、全て本当のことになったので。王様も、貴族も、金持ちたちも、男にお話を書いてもらいに訪れました。ところが、望みが叶うと今度は、男の力を怖れ、忌み嫌うようになり、男が死ぬと、人々は、災いが去ったと喜びました。誰も、死んだ男が、嘲り笑う声には気づかないままでした。 ナレーター昔々むかしむかし、一人ひとりおとこにました。男おとこつむいだおはなし、全すべ本当ほんとうのことになったので。王様おうさま、貴族きぞく、金持かねもちたちも、男おとこにおはなしいてもらいにおとずれました。ところが、望のぞみがかなうと今度こんど、男おとこちからおそ、忌きらうようになり、男おとこぬと、人々ひとびと、災わざわいがったとよろこびました。誰だれ、死んだおとこ、嘲あざけわらこえにはづかないままでした。 NarētāMukashi mukashi, hitori no otoko ga shinimashita. Otoko ga tsumuida ohanashi wa, subete hontō no koto ni natta node. Ōsama mo, kizoku mo, kanemochi-tachi mo, otoko ni ohanashi o kaite morai ni otozuremashita. Tokoro ga, nozomi ga kanau to kondo wa, otoko no chikara o osore, imikirau yō ni nari, otoko ga shinu to, hitobito wa, wazawai ga satta to yorokobimashita. Dare mo, shinda otoko ga, azakeri warau koe ni wa kizukanai mama deshita.

タグ

お話

コメント
0

TVアニメ『プリンセスチュチュ』ナレーターのセリフ#3763
共有

追加

Shounen Shounen

プラス 1 · マイナス 0

他の言語

čeština English español polski

編集 翻訳を追加 セリフを追加