『プリンセスチュチュ』TVアニメ・セリフ#3611

#3611
+ 1
漢字 ふりがな ローマ字
ナレーター昔々、一人の男が死にました。お話は途切れて、王子は心臓と一緒に、人々に向ける優しい気持ちも、勇敢に戦った思い出も失くしてしまいました。そして、町中に散らばった、王子の心臓のかけらは、行き場を求めて、隙間の空いた心に住み着きました。欠片に取り付かれた人々の中には、自分自身の物語を狂わせてしまう者もありました。 ナレーター昔々むかしむかし一人ひとりおとこにました。おはなし途切とぎれて、王子おうじ心臓しんぞう一緒いっしょに、人々ひとびとけるやさしい気持きもちも、勇敢ゆうかんたたかったおもくしてしまいました。そして、町中まちじゅうらばった、王子おうじ心臓しんぞうのかけらは、もとめて、隙間すきまいたこころきました。欠片かけらかれた人々ひとびとなかには、自分じぶん自身じしん物語ものがたりくるわせてしまうものもありました。 NarētāMukashi mukashi, hitori no otoko ga shinimashita. Ohanashi wa togirete, ōji wa shinzō to issho ni, hitobito ni mukeru yasashii kimochi mo, yūkan ni tatakatta omoide mo nakushite shimaimashita. Soshite, machijū ni chirabatta, ōji no shinzō no kakera wa, ikiba o motomete, sukima no aita kokoro ni sumitsukimashita. Kakera ni toritsukareta hitobito no naka ni wa, jibun jishin no monogatari o kuruwasete shimau mono mo arimashita.

タグ

『プリンセスチュチュ』TVアニメのセリフ#3611
共有

コメント
0

追加

Shounen Shounen

プラス 1 · マイナス 0

他の言語

čeština English polski

編集 翻訳を追加 セリフを追加